神奈中バス 横内団地前 停留所
徒歩2分
tel.0463-52-1004

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎

大腸粘膜に「びらん」や「潰瘍」ができる原因不明の病気です。直腸から口側に向かって連続的に病変が広がる特徴があります。

症状は、下痢、粘液・粘血便、腹痛、発熱などです。潰瘍性大腸炎では薬物治療が基本ですが、重症の場合は入院治療が必要です。

診断と治療の効果判定には大腸カメラが必要です。当クリニックでは、正確で負担の少ない医療を心がけています。潰瘍性大腸炎を一緒に治療をしてゆきましょう。

また、最近では便の中のカルプロテクチンを検査することで、簡単に潰瘍性大腸炎の状態を判定することができるようになりました。

新しい検査も積極的に取り入れております。安心してご相談ください。

診療科目
内科・皮膚科・消化器内科・肛門外科
院長名
畑山年之
所在地
神奈川県平塚市横内4060クリエイトSD新平塚横内店2階
アクセス
神奈中バス「横内団地前」停留所 徒歩2分
電話
0463-52-1004
休診日:日曜・祝日 ★…9:00-13:00
診療時間 日祝
9:00-12:00
15:00-18:00

Page Top